スポンサーサイト

  • 2009.08.12 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


更新復帰しました

はい、長らくお待たせしました。
暫定復帰です。どの辺が暫定かというと、とりあえず書こうとして書けなかったのでまた変なの再開しちゃったあたりが。

知らない方のために解説すると、「3分クエスト」シリーズは以前のブログで気まぐれかつ更新ネタがない時に書いてた超適当小説もどきです。
3分目指して書くというコンセプトだけど、大体もうちょいかかってます。でも適当なのは確かなので、気にしない。
以前のはこちら

ふつーに小説更新もやるつもりです。
仕事の関係は落ち着きましたので。多分大丈夫だろう
あとは気力次第だけど、その辺はうまいこと維持していきまする

んじゃ、また次回。週2以上ペース目指して頑張ります

第1話「復活しちゃったよ」

勇者:「おひさー」
僧侶:「お久しぶりです」
勇者:「なんか帰ってた」
僧侶:「ネタがないから、とりあえず呼び戻してみた的なね」
勇者:「……って、ナチュラルに合流してるが、最後喧嘩別れしてたような…?」
僧侶:「気にしない。どうせあんたの都合なんて全部無視されるに決まってるんだから」
勇者:「……そうだった」
僧侶:「そういうわけで再び私達をよろしくお願いします」
勇者:「憂さ晴らしに民家でも漁ってくるか」
僧侶:「あんた、ほんと相変わらずね……」
勇者:「じゃ、やめる?」
僧侶:「他に稼ぎ、今あったかしら?」
勇者:「…ない」
僧侶:「じゃ、いってらっしゃい☆」
勇者:「……お前も相変わらずだよな」
僧侶:「気のせいよ♪」

盗賊と金の亡者、復活

JUGEMテーマ:小説/詩

お待たせしました

更新とまりっぱなしだったので、とりあえずのコラムを更新しときました。
そんでもって、明けましておめでとうございます。ぐだぐだ全開ですが、今年もよろしくお願いします。

とりあえず仕事関連のこと終わらせたら、集中してやりたいなーと思っています。
思うのはできるけど、実際できるかどうかは不明。でもやるつもりなので、どうぞ見捨てずによろしくお願い致します。

うひー

空想は現実の中にしかない

空想について。

空想というぐらいだから、そのほとんどは突拍子のないものが多い。
でも人間の空想は際限ないくせに、実際は相当現実にしばられてるものだ。
わかりやすいのが、SF。SFに出てくるものこそ、空想の産物そのものなのだが、かなり現実の影響を受けている。昔のSFを見ればわかる。
例えば、ディスプレイ。
いかにも昔ながらのブラウン管を、その当時の未来っぽさで飾ったものが多い。
例えば、通信機。
トランシーバー見たいな機械を普通に使ってる。そんなの現在ですらほとんど考えられない。

空想には、その時代に応じた限界があるのだ。
そこが空想でありながら、現実にしばられる部分である。
そうなる理由は大きく2つある。

まずは、複雑化の限界。現実からあまりにかけ離れすぎた空想は、作ることはできるが他人に理解されない。
そもそも、現実から派生していくのであれば、そこには一段一段論理が続く。
裸足が靴を履くようになり、動力を用いるようになり、空を飛ぶようになり、宇宙にまで到達した。裸足から宇宙には飛躍できず、その間の変化が多ければ多いほど作り出すのは困難だ。

もうひとつは、多くの空想が限られた人数、特に一人に依存する場合が多いことだ。一人の空想力には得手不得手がある。身近な道具を空想するのが得意な人もいるし、社会そのものを空想するのが得意な人もいる。だが、そのせいもあり、すべてに対して高度な空想を思い描けるものではない。

結果、描いた世界のほとんどが今ある世界を書き写したものを、アレンジしたものでしかない。だから、例え空想といえど現実から解き放たれることなどない。
それが良いことなのか、悪いことなのか。1つに結論付けることはできないだろう。

なんにしろ、仕方ないことだ。人は、今を生きているのだから。
そしてそれを無視してぶっ飛ぶことを、実は天才というのかも知れない。

最近の状況

つまり近況。
忙しいです。師走って忙しいんですね。当たり前か。

仕事関係でも、いろいろあり。
あとはやっぱり飲み会とか。あと最近は飯外食に誘われることも増えたのでそのせい?
ああ、あと車擦ったとかあったからだ……まぁ、大したものではないのだけど、修理費は十分痛い。

書けないなぁ。
年末年始とかなおさら書けなさそうだから、なんかその前に2,3本書いておきたいなぁ。
でも来週も忙しそうです。へむぅ

読みに来てくださってる方には申し訳ありませんが、もうちょっとこの状況続きそうです。

ダメ、全然ダメ

明るい話、楽しい話、バカな話が書きたい。
なのに浮かばない。
なんか微妙な感じのばっか。
書きかけてみて、「違う」と思って止めたのが3本ほど。

きっと自分の中の問題。
にゅう。


あー
なんなんだろな、ほんと

走って転んで負けない

JUGEMテーマ:小説/詩


圭輔はいつも落ち着きのないやつだが、今日ばかりはいつも以上に落ち着いてなかった。
今日は待ちかねていた新作ゲームが発売日。
学校が終わったらソッコーで家までダッシュで帰って、チャリンコダッシュで店まで行って、そんでぶっ飛ばして家に帰って、寝るまでゲーム三昧と決めていた。
そんな状況はもちろんクラスメイトに伝わるわけもなく、
「けーすけー、今日ひまー?」
とか声をかけられ、
「わっりー。オレ今日むりだー」
とか答えたり。
「けーすけー、サッカーやるから来いよ」
と、いつもなら間違いなく喜んでいくところを
「あーごめん。今日は無理なんだ」
とか断ったり。
まぁそんな学校も終わり。

圭輔は起立、礼、猛ダッシュで教室を後にした。
「な、なに!?」
その圭輔の前を走る奴が居た。
いつも一人で本を読んでるメガネの淳平だ。
運動神経なんてこれっぽっちもなくて、毎日のように外で遊んでる圭輔とは対照的な少年だった。
その淳平が、自分の前を走ってる。
席は確かに淳平の方が出入り口に近かったが、それにしても意外だった。
まさかあいつに負けるわけには行かない。
圭輔はペースを上げた。ギア1段あげるぐらいわけはない。
そして並ぶと同時に、淳平の顔を見た。
淳平はすごく驚いた顔をして、いきなり
「僕の前を走るなよ!!」
とかわけのわからないことをぬかした。
思わず「え?」と聞き返してしまう。
普段は口答えなんて全然しないような、大人しいやつなのに。
だけど、淳平は必死だった。今まで見たことないぐらい必死だった。ガリで、全然体力とかないはずのやつが、超必死こいて、圭輔の前を走ろうとしていた。
そして、下駄箱についたときには、淳平は見たこともない早業で上履きを放り込み、下履きに履き替え、猛ダッシュで去っていった。
「ま、待てよ!!!」
我に返った圭輔は、焦りすぎて靴を落とし、大幅にタイムロスして下駄箱を後にした。


嘘だろ。
あんなやつに負けてたまるかよ!
あのひょろっちい淳平に本気で対抗心を燃やしていることに気づき、圭輔はなんとも奇妙な気分になった。
とにかく負けられない。
あいつもきっと、今日発売のゲームを買いに行くのだろう。
そして、家もそう遠くないはずなので、行く店も同じのはずだった。
あいつより後に買うなんてぜっったいダメだ。負けてたまるか。
走る。とにかく走る。

家に着いた。
「ただいま!!」
部屋まで走る。
母親が何事かと顔を出すが、その間に鞄を部屋に放り投げ、財布をつかんで、そしてすぐに玄関に向かう。
「ど、どうしたの?」
「ゲーム買ってくる!!!」
それだけ言い捨てて、圭輔は走った。
家を出て、自転車を見て気づく。やべぇ、自転車の鍵を忘れた。
すぐに引き返そうとして、
「__痛っ!?」
足を捻った。
加減して走らざるをえなくて、部屋まで取りに戻る。
どたどたどたという音に
「こら、圭輔!! 走るんじゃない!」
と、母親が首を掴もうとする。
もうこれ以上時間を無駄にできないんだ!
圭輔はスライディングした。これこそ、あいつなんかにはできない芸当だ、と思った。
だけど母は一段上だった。
抜けようとしたところを、足で捕まえられる。
「こら! 落ち着きなさい!」
「放してよ!!」
「じゃあ歩いて玄関まで行く。そんな慌ててると事故るから、自転車も飛ばしすぎないの。いい!?」
「わかった!! わかったから!! もう時間ないから!!」
「そんなに急がなくても逃げないわよゲームは」
違うんだ。そんな問題じゃないんだ。
悔しくて涙がでそうになった。耐える。こんなところで負けてたまるか。

今度こそ自転車にまたがり、母の見えてるうちは適度に急いで、角を曲がってからは超ウルトラ猛ダッシュで自転車を立ちこぎした。
ダメだ、これじゃダメだ!
近道を行く。狭くてでこぼこしていて、捻った足には響くけど、構ってられなかった。
淳平には負けられない。負けてたまるか。


ゲーム屋を目前にして、淳平が店の前まで来ているのを見つけた。
あっちは走っているけど、自転車じゃない。
やった! オレの勝ちだ!!
圭輔はわざと淳平の前を突っ切って、駐輪場に向かった。
淳平も、もの凄く急いで走ってきたようで、鼻水を垂らしながら、もの凄い顔で圭輔を睨んできた。
いやっほーー!!
叫びたい気分で、だけど我慢して、圭輔は自転車を降りた。
走って店の入り口に向かう。
そして、レジの横に積んである「本日発売!!」のゲームを手に取り、
レジに並んだところで後から淳平が入り口から入ってきた。
圭輔はにんまり笑いながら淳平を見た。淳平は、もはや睨むこともせず、斜め下を見ながらゲームを手に取り、自分の後に並んだ。
「お次にお待ちのお客様、どうぞ!」
圭輔は悠々と、そのレジに向かう。
「6121円になります」
そして、財布から五千円札と、千円札と、100円を出して……残りが1円玉しか無いことに気づいた。
(…え!?)
焦る。財布をひっくり返して、1円玉を並べた。
1、2、3、4……13枚。13枚しかなかった。
8円、足りない。
ちゃんと溜めておいたはずなのに。

「お次にお待ちのお客様、こちらにどうぞ」
隣のレジのおじさんが言った。
淳平が、隣に来た。
圭輔の様子を見て、驚いたような顔をして、そして、
「足りないの?」
聞いた。
圭輔は黙ったままだった。
淳平は、1万円札を店員に渡した。
圭輔は、その様子を呆然と見つめていた。
レジのお姉さんは困ったように、圭輔を見ていた。
淳平はそのパッケージを受け取っていた。
そして、おつりを受け取ると。
「いくら?」
と、圭輔を振り向いて聞いた。
圭輔は黙っていた。
「いくら足りないの?」
淳平はもう一度聞いた。
圭輔はそれでも黙っていた。
ただ見つめていた、その目から、あふれ出すものを止められなかった。
淳平は、圭輔の前をのぞき込むと、お金を数え始めた。
それに気づいた圭輔は、かすれた声でなにかをつぶやき、肩から淳平にぶつかった。
弱々しく、いつもなら考えられないほど力の入ってない、タックルだった。
そして、震えるかすれ声で
「ごめんなさい、やめます…」
とレジのお姉さんに伝えると、出したお金を掴んで、強引に財布にねじ込み、
「!!」
淳平を一度睨んで、そして走って店を出て行った。
残された淳平は、呆然とそれを見送った。


翌日、圭輔は学校に行きたくないと母親に言った。
いつもは喜んで行く圭輔がそんなことを言うことにびっくりしながらも、説得する母親。
それでも圭輔はかたくなに行くことを嫌がった。
仕方ないので、病欠と担任の先生に電話した。圭輔は、布団に入ったまま出てこなかった。
夕方、心配してきた友達が尋ねてきても、「調子が悪いって言って」と断らせた。
そして、
「西原淳平君って子が来たわよ。いいの?」
と母親が言うと、
圭輔は一瞬、固まり、次の瞬間。
布団を蹴飛ばして廊下を走っていた。

「淳平!」
玄関先に居たのは、間違いなく淳平だった。
淳平は目を逸らして、立っていた。
「なにしに来たんだよ!!」
「別に……」
淳平は目を逸らしたまま答えた。
圭輔は我慢できなくなり、淳平の胸ぐらを掴んだ。
「なんであんなこと言ったんだよ! なに勝手なことしようとしてだんだよ!!」
「圭輔!!」
母親が驚いた顔で出てきて、二人を引き離した。
「どうしたのよ、一体!?」
圭輔はまた泣きたくなった。
悔しくて悔しくて、許せなくて泣けそうだった。
「あの……」
淳平が口を開いた。
「なんだよ」
「嶋野君だって、あのゲームやりたくて走ってたんだよね。あんなに一生懸命。なのに買えないの、絶対嫌だろうからと思って、僕は……」
圭輔は睨んだ。視線で殺せるなら殺してやっても良いとさえ思った。
「お前なんかに金出して貰ってたまるかよ!!」
「なんだよ! 人がせっかく親切にしてやってるのに!!」
「うるせぇよ!!」
圭輔は拳を振り上げようとして……止めた。
「…帰れよ。明日は学校行くから、もう帰れよ」
「……」
淳平は黙って、後を向いた。
その姿を見て、圭輔は逃げ出したくなった。
違う。
悪いのはこいつじゃない。オレなんだ。
言葉にはできない、けどそう思っていた。それなのに追い返してる自分が、すごく卑怯に思えた。
涙が出そうになる。
なにか言いたかった。言わなきゃいけないと思った。
でもなにを言えばいいかわからず、必死で考える。
ただ呼び止めることはできない。でもなにか言わなきゃならなかった。
そして、思いついた。
「淳平!」
淳平は振り向いた。
「あのゲーム、面白いか!?」
淳平は驚いた顔で、固まる。
しばらく、二人は沈黙し、
「…うん、面白いよ」
ぽつり、と淳平が言った。
圭輔は身を乗り出し、叫んだ。
「じゃあ、オレ今から買ってくるから。絶対買ってきて、絶対お前より先に全クリするからな!!」
そんな圭輔の言葉に淳平は驚き、ただ口を開き、何かを言おうとしたままぽかーんとしてた。
圭輔はそんな淳平に、
「いいな! 今度こそ絶対負けないからな!!」
と宣言した。
唖然としていた淳平は、それを聞き、固まっていた頭を無理矢理動かし、
そして斜めを向いたまま言った。
「嶋野なんかに僕が負けるわけないじゃないか。やってみせろよ」
と。
圭輔は笑った。1粒だけ涙をこぼし、だけど笑った。
淳平も笑った。変な顔しつつ、だけどやっぱりへらへらと笑った。



その後、二人はでこぼこコンビとしてクラスで有名になるのだが、それはまた別の話。

更新ぷっつり

してました。
忘年会で忙しかったのと、小説読み出したら土日終わってた。
そんなわけで月曜の更新でございます。

小説なんか書こうと思うんだけど、知り合いの指摘で思い出す。
最近バカなこと書いてないね。
バカなのにね。脳みそとか絶対変な形してるのにね。むしろアメーバーみたくうごめいてるんじゃね?
うにょうにょーっと。
きっとそうに違いない。だから気まぐれ行動が多いんだ。そういうことにしとこう。



さて、どんなん書くかな。
多少長さ用意します。多分

物書きでソフト屋の理論

たまにはソフト屋っぽい事書くか。
つってもネタの1つとしてだけど。
というか書いてて相当な駄文な気がしてきたので、適度に読み流し推奨
続きを読む >>

波紋に揺れる青空

JUGEMテーマ:小説/詩


下を見降ろすと、そこには波紋に揺れる空があった。
私はただじっと、その青空を眺めていた。
決して見上げることなく、下だけを見つめて。
視線を外すことなく、そのまましゃがむ。
太陽の光が眩しい。
下から照らす太陽は、それでも私の心の影を照らし出してはくれなかった。

その青空を見つめながら、頭はぼーっとして、何も考えられなかった。
このまま飛び込んでしまったほうがいいのかな。
水面に映る青空は、体を引っ張るような強い誘惑があって。
気づけば近くに生い茂った草を右手が強く、握っていた。
その草の先っぽをちぎって、投げた。
ゆらり、ゆらりと落ちていく葉っぱはゆっくりと水面にぶつかった。
そして広がる波紋に、空が揺らぐ。
空の真ん中にゆらぐ葉っぱ。そしてそっからでる波紋。
とくん、とくん、と。
その波が、まるで心が鳴ってるかのように思えた。

とくん、とくん。
心のリズムを思い浮かべてるうちに、その水面の空のスクリーンの向こうに描いてはいけない顔を描いてしまっていた。
やだ…。思い出したくない。
私は努めて、空を見つめた。
胸を打つリズムが、一度は収まったのにまた早まっていた。
冷たい水を流し込まれたように心に染みわたる気持ち。締め付けられて、私はついに視線を水面に浮かぶ空から外した。
涙が溢れそうになるのを必死にこらえる。
目をつむって、顔を伏せる。
こんなはずじゃ、なかったのに……
もっと楽しく、笑って、みんなと一緒に居るはずだったのに。
ぎゅっと目に力を入れた。
我慢しても、一度さっき泣いてしまったから顔はぐちゃぐちゃになっていた。
そんな顔を誰にも見せたくないし、今は誰にも会いたくない。
一人にして欲しい。
だから、ここまで逃げ来て、ずっと湖を見つめていた。

みんな、やっぱり心配してるかな…
してるよね。
思わず走って逃げちゃったし。
もう、戻らなきゃ。
胸を打つリズムは私に厳しく叱咤する。同時に、逃げたい気持ちも強める。
ちゃんと仲直り、しないと。
いつまでも逃げてられないから。

私はようやく顔を上げた。
ちょっと西に傾いた太陽が、私を待っていてくれた。

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM