<< 雪積もる? | main | 膝を抱えていいところ >>

スポンサーサイト

  • 2009.08.12 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


白い空気、黒い雪

JUGEMテーマ:小説/詩


空舞う雪は白く綺麗だが、なぜこうも道の片隅に積み上げられた雪は汚いのだろう。
それは排ガスの汚さであり、地面に溜まるほこりを取り込んで汚くなったのだと思う。
でもきっと本当は、人のため息を吸って重くなってしまったに違いない。
この社会はため息に溢れていて、どんな空気だって重さを帯びてしまう。
そんな中でそれじゃダメだと軽い空気をまとっても、少しそこから離れた途端、この社会の空気は重くなってしまう。

雪は黒く、茶色く、濁った色をしていた。
純白の雪が、なぜこんな色にならなければならないのだろう。
雪が黒くなって喜ぶ人なんか誰もいやしないのに、雪はどんどん汚さを吸収して黒ずんでいく。
誰だって明るい毎日を望んでいるのに、気づけば暗く、じめっとした感情が積もっていく。
白いものが、徐々に、徐々に、黒ずんでいく……


雪だるまと目があった。
まだできたばかりの雪だるまは白く、まんまると太っていて、とても楽しそうな顔を与えられていた。
この雪だるまも、いずれ溶けて汚く染まってしまうのだろうか。


その時、見上げた空からまた白いものが降ってきた。
こんなにも黒い雪が溜まりこんでるのに、まだ降るのか。染まり足りないのか。
でもそれが。
黒くなっても、黒くなっても。
いくらでも次に白く埋めてやるという、雪なりの頑張りなのかもしれなかった。

そしてやがて、黒い雪が見えなくなった頃には。
アスファルトの片隅から緑色の生命が雪の後をついで、踏まれても踏まれても、頑張っていくのだろう。

スポンサーサイト

  • 2009.08.12 Wednesday
  • -
  • 21:39
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM