スポンサーサイト

  • 2009.08.12 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


第3話「旅立ちの日?」

勇者:「呼ばれてないから出てました」
僧侶:「おい」
勇者:「そんなもんだろ毎度」
僧侶:「そりゃそうだけど……あんた、少しは呼ばれるようなことしなさいよ」
勇者:「確かにワンパターンにも飽きてきたな。なんか面白そうなことでも探すか」
僧侶:「そういえば魔王倒しに行くんじゃなかった?」
勇者:「そういえばそんな話だったかもしれない」
僧侶:「そもそも魔王ってなんなわけ?」
勇者:「……さぁ?」
僧侶:「なんか偉そうにして、適当にモンスターばらまいてるだけよね」
勇者:「うむ」
僧侶:「わざわざこんなやつ勇者に仕立てて倒しに行かなきゃならないのかしら」
勇者:「お前それは違うぞ」
僧侶:「違う?」
勇者:「俺みたいなやつだから、勇者にして適当に乗せとけば王様はなにも気にせずに過ごせるというわけだ」
僧侶:「なるほど、死んでも困らないものね」
勇者:「…なんかはっきりそう言われると傷つくな」
僧侶:「あんたにそんな繊細な神経はないでしょ。でも、結果みると大失敗よね」
勇者:「あごで使おうったってそうは行くか。せっかくの勇者という称号、使うだけ使い倒してやる」
僧侶:「でもいい加減もうちょっと大きな街いかない? あたしもう飽きたんだけど、ここ」
勇者:「言われてみれば確かに。でもあいつらと別れるのは辛いぜ……」
僧侶:「こら。勇者が別れを惜しんでたらキリがないわよ。てか、そんな相手いたの? この町に」
勇者:「いやー、俺を慕ってくれる友人達がな」
僧侶:「餌付けしたガキ共ね。いい情報源にはなったけど」
勇者:「あと資産家のAさん」
僧侶:「……何回あそこのおうちから頂いたのかしら」
勇者:「一般人は万能鍵なんてものがあること知らないからなー。いやいや、いい儲けにさせてもらいましたよ」
僧侶:「未だにたたき出されてないんだから、勇者って偉大ね……」


魔王より勇者の方がタチが悪いんじゃないだろうか

JUGEMテーマ:小説/詩



第2話「ぐるです」

JUGEMテーマ:小説/詩


勇者:「で、どういう話だっけ」
僧侶:「シナリオなんてないでしょ。いっつも」
勇者:「どこまでいい加減なんだ作者」
僧侶:「どこまでも果てしなくいい加減なのよ」
勇者:「だったら俺がなにしてもいいんだな!?」
僧侶:「限度はあるでしょ? 公序良俗に反し……てるわね、思いっきり」
勇者:「あ、さっきの民家当たりだったぜ。金貨だろ、指輪だろ、それから…」
僧侶:「あら、大漁♪」
勇者:「全く、勇者ってのはいい職業だな!」
僧侶:「絶対間違ってるけど、まいいか」
勇者:「尻ぬぐいは全て王様がしてくれるしっ!!」
僧侶:「王様……この盗賊のために、なんという苦労を…きっと早死にするわね」
勇者:「ちなみに大臣はぐるだ」
僧侶:「賄賂!? あんたいつの間に」
勇者:「いや? あいつも権力使って人んち上がり込んでるだけ」
僧侶:「そっちは……捕まえとこうか」
勇者:「えー」
僧侶:「私達以外のやつに盗られていいと思ってるの?」
勇者:「それはいかん!!」

1時間後、半殺しにされた大臣が自首。
勇者と僧侶の縄張り意識に破れる。

第1話「復活しちゃったよ」

勇者:「おひさー」
僧侶:「お久しぶりです」
勇者:「なんか帰ってた」
僧侶:「ネタがないから、とりあえず呼び戻してみた的なね」
勇者:「……って、ナチュラルに合流してるが、最後喧嘩別れしてたような…?」
僧侶:「気にしない。どうせあんたの都合なんて全部無視されるに決まってるんだから」
勇者:「……そうだった」
僧侶:「そういうわけで再び私達をよろしくお願いします」
勇者:「憂さ晴らしに民家でも漁ってくるか」
僧侶:「あんた、ほんと相変わらずね……」
勇者:「じゃ、やめる?」
僧侶:「他に稼ぎ、今あったかしら?」
勇者:「…ない」
僧侶:「じゃ、いってらっしゃい☆」
勇者:「……お前も相変わらずだよな」
僧侶:「気のせいよ♪」

盗賊と金の亡者、復活

JUGEMテーマ:小説/詩

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM